妊婦時のカフェイン摂取について

妊婦の時はカフェインを控える!

妊娠をするとお腹の赤ちゃんこのことを考えて色々なことが制限されてしまいますが、特に口にする者は特に気をつけなければ行けません。

妊婦がよく言われるものとして、カフェインを控えるようにするというものがありますが、これは赤ちゃんの発育に対して悪影響があるとされているからです。

カフェインの体に対する悪影響というのは未だにはっきりしていない部分があり、体にいいとも悪いともされているものです。

そのカフェインは妊娠中に大量に摂取をすると、お腹の赤ちゃんに対して悪影響がある可能性がされているため、妊婦の時にはできるだけカフェインを避けたほうが良いのです。

良いか悪いかはっきりしない状態で避けたほうが良いと言われると納得出来ないかもしれませんが、少なくとも妊婦にとってお腹の赤ちゃんにとって良いという結果は出ていないので、妊娠中のカフェインというのは特に影響がないかあるいは悪い影響があるかのどちらかとなってしまいます。

良い影響がなく可能性としては悪影響しかないのであれば、やはりできるだけ控えたほうが良いということになるのです。

ただし、あまり神経質になりすぎる必要もなく過剰に摂取をした時に悪影響が出るとされていますから、微量を摂取したからといって赤ちゃんに悪影響があるというわけでは無いので気にしすぎなくても問題ありません。

過剰に反応をすればそれもまた悪影響が出てしまうので、気づくことが出来る範囲でカフェインは避けるようにしましょう。

新米ママ倶楽部とは

初めての妊娠から出産、産後の過ごし方までの情報を提供するママ応援サイトです。今現在妊娠中の方など人には聞きにくい女性特有のお悩みを掲載していますので是非参考にしてみてください。

妊娠・出産に関連するお役立ちサイト(外部サイト)です。

↑ PAGE TOP