妊娠出産でも適応される保険

妊娠出産のときでも適応される保険のメリット

一般的に妊娠出産時には保険適応はありません。妊娠中の健診や出産にかかる一般的な費用には50万円から100万円はかかると言われています。
しかし、例外として帝王切開の際に医学的な適応のために吸引や鉗子娩出術を施行された場合は保険扱いとなります。

また普通分娩時にも術式の後半が吸引分娩した際にも保険がおりる可能性があります。つまり、自然分娩でも保険がおりる場合があるということです。
基本的に適応となるのは、入院費です。今の時代、保険会社の数も増えてきています。
その中で妊娠中の方でも加入できるものもありますし、手術費や入院費に対する給付金がでるようです。
今はまだ、妊娠中の方にメリットのある保険は数が少なく、保証内容もそれほど手厚くはありません。妊娠後にしっかりとした保証を受けたいと考える場合にはおすすめできます。

また妊娠4カ月以降での出産の際に、1人の子供に対し42万円が健康保険から支給されるとされています。これを【出産育児一時金】といいます。
また双子であれば2人分が支給されることになります。この場合、帝王切開や自然分娩以外にも早産、流産、死産、人工の妊娠中絶などがあり、すべて一時金は支給されます。

ただし、例外もあり妊娠22週未満の出産や産科医療制度に未加入な医療機関で出産が行われた場合、支給額は39万円となっています。
また産前42日と産後56日の産休中での給与は基本的に支給されません。それに代わる給与の補助として出産手当金が支給されることになっています。これらのメリットを最大限にいかせるようにしなければなりません。

【参考サイト】:出産育児一時金の支給額・支払方法について

新米ママ倶楽部とは

初めての妊娠から出産、産後の過ごし方までの情報を提供するママ応援サイトです。今現在妊娠中の方など人には聞きにくい女性特有のお悩みを掲載していますので是非参考にしてみてください。

妊娠・出産に関連するお役立ちサイト(外部サイト)です。

↑ PAGE TOP