帝王切開での出産について

帝王切開で出産する確率

出産をするのは、母親にとって命がけで子どもを産むことになりますので、まったく危険がないとはいえない事になります。
順調に妊娠期間を過ごすことが出来ていたとしても、出産時には何が起きるかわからないものです。

出産時にリスクが高いだろうと考えられる場合には、あらかじめ帝王切開によって出産をするケースが増えてきています。

帝王切開になる確率というのはどのくらいのケースがあるのでしょうか。
帝王切開になる確率としては、全体の20パーセント程度になっていますので、5人に1人は帝王切開によって出産をしている形になります。

出産予定日よりも前に、あらかじめ帝王切開をする場合には、どんなケースがあるでしょうか。

前置胎盤の妊婦や赤ちゃんが横向きな状態になっている場合にはあらかじめ予定日よりも早く帝王切開をするケースが多くなっています。

それでは、予定日まで医師から何も言われなかった場合には、必ず経膣分娩をすることが出来るのでしょうか。
陣痛が起きて、経膣分娩をする予定だったとしても、途中から医師の判断によって、帝王切開に切り替えられる場合もあります。

例えば、赤ちゃんの心拍異常などが原因で、急遽切り替えられる場合もあります。

どちらの方法で出産をすることになるのかは、医師の判断にゆだねることになりますが、母体や赤ちゃんの安全を一番に考えたうえで判断をしていくようになりますので、医師の指示に従うようにしなくてはなりません。

新米ママ倶楽部とは

初めての妊娠から出産、産後の過ごし方までの情報を提供するママ応援サイトです。今現在妊娠中の方など人には聞きにくい女性特有のお悩みを掲載していますので是非参考にしてみてください。

妊娠・出産に関連するお役立ちサイト(外部サイト)です。

↑ PAGE TOP