妊娠中の悪阻について

妊婦中のつわりの対処法について

つわりは主に妊娠初期である2か月から4か月にかけて起こります。
個人差はありますが、多くの方が感じているのは吐き気でにおいや食事の写真を見ただけでも吐き気を感じることもあり、においにも敏感になります。症状が重くなると水分を取っただけでも吐いてしまうこともあり、脱水症状を起こすこともあります。

つわりは必ずおさまりますが、後期になると再び吐き気や胃痛、胸やけがし、ゲップが頻繁に出るようになります。

妊婦にとってつらいつわりを乗り越えるには、無理に食べないということが大切になってきます。妊娠初期は赤ちゃんの体が作られる大事な時期ですが、無理に食べようとするとストレスがたまり、睡眠がうまくとれないなどの悪影響がでることがあります。

つわりの時期は妊娠中期には改善されるので割り切って自分の好みの食べ物を探すと良いでしょう。
なお炭酸飲料を飲むとゲップが出ますがゲップが出たことにより、吐き気が治まるケースも多いです。

また、温かいものより冷たいものの方が食べやすいです。
具体的なものとしては冷ややっこや凍らせたフルーツ類、冷やしうどんがあげられます。
果物類は妊娠初期に大切な食べ物の一つですので積極的に食べると良いでしょう。スムージーにして飲んでも良いです。
この他にはアイスキャンディやあめ、ガムがあげられます。
あめやガムは唾液の分泌を促し、口の中の不快感を和らげてくれます。あめやガムを食べるときはノンシュガーのものを選ぶとカロリーも気になりません。

大切なのは水分補給です。脱水症状にならないためにも電解質やマグネシウムを含んだイオン水や麦茶などを少しずつ飲むように心がけます。

つわりが辛い時はビタミンB6を摂取しよう

つわりの軽減効果がある栄養素がビタミンB6と言われています。
産婦人科ではつわり症状が酷い患者さんにこのビタミンB6が含まれた点滴をするほどビタミンB6はつわり対策として有名な成分です。

しかし、つわり中はなかなか思うように食事が摂れないため、サプリメントでの補給をおすすめ。
近年では葉酸サプリのような妊活サプリメントが流行っていますが、そういったサプリメントにもビタミンB6が配合してるものも多くあるため、そういったアイテムを利用して上手く悪阻対策をとりましょう。

妊娠4週目頃から悪阻が始まる人が多いですが、悪阻の時は非常にデリケートになっていてサプリ1つも飲みこむのが辛いもの。できるだけ飲みやすい大きさや臭いや味などにも注意が必要です。また、そのメーカーによっては悪阻を軽減させてくれるビタミンB6が配合されている葉酸サプリもあるため、ビタミンB6が配合されたものを選ぶことも重要なポイント。

引用文元:http://xn--nckgn0lsdf8db7676k0d3bfxyasfg.com/

つわりは個人差があり、酷い人は日常生活もままならないほど体調を崩す方もいるので、甘くみないことが基本です。
また、つわりの辛さは遺伝するという噂もあるので、自分の母親に聞いてみるのもいいかもしれません。

新米ママ倶楽部とは

初めての妊娠から出産、産後の過ごし方までの情報を提供するママ応援サイトです。今現在妊娠中の方など人には聞きにくい女性特有のお悩みを掲載していますので是非参考にしてみてください。

妊娠・出産に関連するお役立ちサイト(外部サイト)です。

↑ PAGE TOP