薬局やドラッグストアの葉酸サプリがおすすめできない理由

妊活や妊娠において葉酸の重要性の認知が高まり、近年は多くのメーカーから葉酸サプリメントが発売されてきました。
私もここ数年健康サプリメントの業界に勤めていますが、中でも葉酸サプリは一気に人気サプリとなり、今では妊活中や妊娠中の女性の多くは葉酸を摂取する時代です。

このサイトに訪れたということは葉酸サプリに興味がある方、または葉酸サプリの選び方に迷っている方だと思いますが、確かに今では葉酸サプリの種類が増えすぎてどれを選んでいいのかも迷ってしまうほど。

特に葉酸は生まれてくる赤ちゃんのために飲むものなので、下手なものは飲みたくないという気持ちがあると思います。

葉酸サプリを購入してみようと思った時に思い浮かぶのが薬局やドラッグストア、または西松屋やアカチャンホンポなどのベビー用品店など。

最初に1つだけ言っておきますが、私はドラッグストアなどで販売している安価な葉酸サプリメントはおすすめしません。
※もちろんすべてを否定するつもりはありません

そこで自称サプリメントマニアの私が、ドラッグストアで市販されている葉酸サプリがおすすめできない理由と、市販されているブランドの中でもおすすめできる商品となどをしっかり紹介したいと思います。

ドラッグストアのサプリがおすすめできない理由

はっきり言ってドラッグストアの葉酸サプリメントを私はおすすめしません。
市販のタイプを飲むくらいであれば、飲まない方がいいくらいと思っているくらいです。

その理由は以下の2点です。

  1. 安価なサプリには添加物が多く栄養素が少ない
  2. 妊活や妊娠に必要な栄養素は葉酸だけではない

安価なサプリには添加物が多く栄養素が少ない

葉酸に限らず、殆どのサプリメントは価格に比例して成分スペックも変わってきます。

ドラッグストアやスーパーの葉酸サプリメントは比較的価格も安く、購入もしやすいですが、そのぶん成分数や配合量も少なく、不要な添加物が配合されているものがほとんど。

そのため、“葉酸サプリであれば何でもいい”という考えはおすすめできないのです。

以下は「サプリメントの正体」という参考書にも記載されているものです。

【乳糖、セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、葉酸】
【一粒0.3g(脂質:0.007g、炭水化物:0.265g、葉酸200㎍)】

上記はとある葉酸サプリメントの原材料表示です。
単位がバラバラなので、単位をすべてミリグラムにしてみましょう。
【一粒300mg(脂質:7mg、炭水化物:265mg、葉酸0.2mg)】

葉酸の部分だけ表示単位が違うため、「たくさん入っている」と勘違いしてしまう人も多いですが、葉酸は0.2mgなので割合にして0.067%ということになります。

残りの葉酸以外の99.93%は味をつけるための甘味料や、日持ちをよくするための保存料、成形するための賦形剤ということになり、添加物のカタマリを摂取しているようなこととなります。

妊活や妊娠に必要な栄養素は葉酸だけではない

妊娠中や妊活のために葉酸を摂取するというのは大事なことですが、妊活や妊娠に必要な栄養素は葉酸だけではありません。
ビタミンC・ビタミンE・ビタミンA・ビタミンB群・鉄・カルシウムなど必要な栄養素はたくさんあるのです。

例えば葉酸はビタミンB12と一緒に摂取することで造血作用が生まれます。
出産の前後には多くの血液が必要ですから、葉酸だけでなくビタミンB12もしっかり補わなければいけません。

ドラッグストアで売られている葉酸サプリメントには“葉酸しか入っていない”タイプもあり、ビタミンB12を補う場合はまた別でサプリメントを飲まなければいけないことになってしまいます。

それではまた別でコストが掛かってしまうので、最初から他の栄養素もしっかり配合されたサプリメントを飲んだ方が価格的にも手間としても負担がありません。

市販されている葉酸サプリでおすすめできないもの

やはりおすすめできないサプリメントは栄養素が少なく、添加物が多いものです。
価格が安くて始めやすいのですが、サプリメントを飲む意味を考えた時に栄養をしっかり補えなければ意味がありません。

ネイチャーメイド/葉酸サプリ

ネイチャーメイドは大塚製薬が開発したサプリブランドですが、その中の葉酸サプリメントです。どのドラッグストアでも見かけることの多いお馴染みのブランドですね。
ネイチャーメイドのサプリメントシリーズはこの他にもいろいろなタイプが市販されていて、ビタミン・カルシウム・鉄・コエンザイムQ10・亜鉛・などの種類なども用意されています。

原材料を見てもらえればわかるように葉酸しか栄養素のないサプリメントです。
1個当たりのサプリの価格は数百円と安いですが、私としてはこのサプリのみを飲むのであればあまり意味はないように思えます。

原材料 乳糖、セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、葉酸
内容量 1日2粒/150粒入り
開発元 大塚製薬

ディアナチュラ/葉酸サプリ

アサヒビールを知らない人はいないと思いますが、そのアサヒが開発したサプリブランドがディアナチュラです。
上記で紹介したネイチャーメイドと同様にこちらも葉酸以外にいろいろな種類のサプリが用意されています。価格も1つあたり数百円で購入できます。
原材料を見るとネイチャーメイドよりも配合されている栄養素が増えていますが、それでもどんぐりの背比べという感じです。

ディアナチュラの場合、「葉酸」というタイプと「葉酸+鉄」というタイプが販売されていますが、どちらも栄養素の種類は豊富ではありません。

原材料 還元麦芽糖水飴、セルロース、ステアリン酸Ca、ビタミンB6、葉酸、ビタミンB12
内容量 1日1粒/60粒入り
開発元 アサヒグループ食品

DHC/葉酸サプリ

化粧品でも有名なDHCブランドのサプリメントです。
DHCはとにかく価格が安いのが特徴的。ドラッグストアだけでなくコンビニでも販売されているほど流通しています。
店舗で見かけることも多いため安心感もありますね。

もちろん価格が安い分、その他の栄養素も少ないです。
原材料を見ても余計な添加物も多く、あまりおすすめできない葉酸サプリです。

原材料 麦芽糖、デキストリン、セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、ビタミンB6、ビタミンB2、葉酸、ビタミンB12
内容量 ・1日1粒/30粒入り
・1日1粒/60粒入り
開発元 株式会社ディーエイチシー

市販されている葉酸サプリでもおすすめできるもの

市販されている葉酸サプリがすべておすすめできないということではありません。
もちろん中には葉酸以外の栄養素がしっかり配合されていて、おすすめできる商品もあります。

mitete/女性100人の声から生まれた葉酸サプリ

株式会社エーエフシーが開発したmiteteブランドの葉酸サプリです。
葉酸以外にも栄養素が配合されていて、このサプリ1つで鉄・カルシウム・マグネシウム・亜鉛といった栄養素を補うことができます。
ビオチンやビタミンB12といった他のビタミンB群が配合されていないのが残念なポイントですが、市販されているサプリの中では高品質のタイプに入る葉酸サプリです。
ただし、どこのドラッグストアでも販売しているわけではなく、主に西松屋・アカチャンホンポ・ベビーザらスといったベビー用品店や東急ハンズといった百貨店で販売されています。

原材料 還元麦芽糖水飴、デキストリン、貝カルシウム、セルロース、ビタミンC、ピロリン酸第二鉄、ステアリン酸Ca、HPC、ナイアシン、シェラック、パントテン酸Ca、ビタミンB6,
ビタミンB1、ビタミンB2、増粘剤(アラビアガム)、トウモロコシたん白、葉酸、ビタミンD、防止剤(V.E)、ビタミンB12
内容量 1日4粒/120粒入り
開発元 株式会社エーエフシー

ピジョン/葉酸カルシウムプラス

ベビー用品ブランドとして有名なピジョンが開発した葉酸サプリです。
メインの葉酸を中心としたビタミンB群だけでなく、鉄やカルシウムといった妊娠中に必要な栄養素も配合しています。
カルシウムを配合させていないワンランク下の「葉酸プラス」というタイプもありますが、摂取するのであればこちらの「葉酸カルシウムプラス」の方がおすすめ。
ピジョンの葉酸サプリも多くのドラッグストアで見かけるわけではなく、西松屋やアカチャンホンポといったベビー用品店で見かけることの多いアイテムです。

原材料 マルチトール、貝カルシウム、ピロリン酸鉄、セルロース、ステアリン酸カルシウム、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、葉酸、ビタミンD、(原材料の一部に大豆を含む)※原材料に含まれるアレルギー物質(27品目中):大豆
内容量 ・1日2粒/60粒入り
・1日2粒/120粒入り
開発元 ピジョン株式会社

ララリパブリック/葉酸サプリ

店舗で見かけるのはレアなケースかもしれませんが、こちらもおすすめできる葉酸サプリの1つララリパブリックです。
原材料を見てもらえればわかりますが天然由来成分を使用しています。天然由来成分は化学合成成分に比べて体内への吸収効率が2倍違うとされているため、効果が高いということにもなります。
価格は若干高めですが、葉酸を中心にビタミン・ミネラル・鉄・カルシウムなどをしっかり補えるサプリメントです。

原材料 還元麦芽糖水飴、乳糖果糖オリゴ糖、デキストリン、酵母(亜鉛、銅、モリブデン、ヨウ素含有)、黒酢もろみ乾燥末、大麦若葉末、発酵黒たまねぎ末、ザクロ果汁末、ケール末、さつまいも(アヤムラサキ)末、ほうれん草末、南瓜末、人参末、桑の葉末、酵素処理燕窩(乳成分)、大葉末、未焼成貝殻Ca、セルロース、クエン酸鉄Na、V.C、ステアリン酸Ca、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B6、V.B6、V.B12、葉酸
内容量 1日4粒/120粒入り
開発元 株式会社Brighter

【まとめ】サプリメントを飲むのであれば栄養素の高いものを選ぼう

せっかくサプリメントを購入して飲むのであれば、栄養素が高く、質が良いタイプを選ぶことをおすすめします。

ただし、葉酸サプリは使用している原材料によって味や匂いに差があり、飲みにくいものもあるため、ある程度自分が飲みやすいと思うサプリを見つけることも重要です。

サプリメントは毎日飲んでこそ徐々に効果があるものなので、価格も味もバランスを考えて続けやすい葉酸サプリを選びましょう。